ジェネリック医薬品の問題点とは

ジェネリック医薬品という言葉をよく聞かれるようになりましたが、このジェネリック医薬品とは、特許が切れた医薬品のことであり、より安く購入することができる医薬品でもあります。また、薬の効果については、ただ安いということだけではなく、ほとんど以前の薬と変わらないという利点もあります。例えば、フィナロと呼ばれる薬は、男性型脱毛症に効果的である成分を含む薬ですが、このフィナロという薬もジェネリック医薬品であり、これまで使用されていた男性型脱毛症の薬よりも安い値段で購入することができます。フィナロであれば、費用についてはこれまでの薬の半額程度の値段で販売されている場合もあります。
このように、効果がほとんど同様であり、値段が安いのであれば、ジェネリック医薬品を購入した方が圧倒的に有利であると考えてしまうかもしれません。しかし、ジェネリック医薬品にも問題点がないわけではありません。
それは、ジェネリック医薬品が特許が切れた薬であるといっても、物質特許と製剤特許というものがあり、物質特許に関しては切れていたとしても、製剤特許が切れていないような場合は、完全に内容が一致するわけではありませんから、効果についても変わってきてしまう可能性があるということが考えられます。もしも、製剤特許が切れていない場合どのようになるのかというと、例えば、もともとはカプセルの薬だったものがカプセルとして加工することができなくなってしまう恐れがあります。このように、薬の内容は一緒でも薬を加工する工程などが若干違ってくることになるので、ジェネリック医薬品になる前の薬と完全に同様の効果が得られるかどうかについては疑問に残ることになります。